施工事例

神奈川県葉山町 外壁塗装 屋根塗装 付帯部塗装 コーキング工事

  • Before

  • After

担当からのコメント

築後11年、D様邸の外壁、屋根塗装工事の施工事例をご紹介します。

外壁はモルタルで、日本の気候や風土にあった仕上げ材であるリシンを吹き付けてある状態でした。

リシンは艶のない落ち着いた仕上げで、調湿性や透湿性に優れていますが、割れやすさや、耐候性の低さ、汚れやすさなどが弱点で、塗り替え時には、リシンの機能性を生かすか、弱点を補う有機系仕上げにするかが、ひび割れの発生状況により、判断が分かれて行きます。

今回ご依頼を受けたD様邸は表層のひび割れのみでしたので、使用する塗料は、調湿性や透湿性に優れ艶消し仕上がりとなるガイナでご提案しました。

化粧スレートの屋根は、塗り替え適齢期を迎えており、強度に問題がある可能性が高くなっていました。

屋根材に関しても、大きな不具合は無かったので同じくガイナ塗装での提案となりました。

屋根、外壁共にガイナでのご依頼となりましたが、ガイナの特徴としては、艶消しであること、比較的薄いカラーしか選べない2点があります。

そのような状況を、D様にご理解いただき、カラーシミュレーションを利用してカラープランを作成、その後、足場を設置し、工事開始となります。

外壁、屋根と全体を高圧洗浄し、汚れやカビを除去しました。

洗浄を終え、まずは屋根塗装工事から入りました。

下地調整能力に優れたフィラーを塗り、公的に評価の高いガイナのN-50で2回塗りをしました。

屋根塗装工事を終え、外壁工事に入りました。

ひび割れの部分にはコーキング工事を施し、同じく外壁の下塗りにも、フィラーを塗布しました。

上塗りも屋根と同様にガイナを2回塗り重ねて完成となります。

破風板はプライマーを塗り、密着性を上げてからトップコートを2回塗りました。

土台水切りに関しては、一度錆止めを入れてからトップコートを2回塗りました。

以上で今回の全施工が完了となりました。

施工内容外壁塗装 屋根塗装 付帯部塗装 コーキング工事
使用材料ガイナ
工事日数17日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る