現場レポート

神奈川県葉山町にて屋根塗装!

2019.10.3

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回も前回から引き続き神奈川県葉山町内のお客様邸にて作業を行います。
 
前回の作業では屋根の洗浄作業が完了していましたので、今回は屋根の下塗り作業を行ないます。
 
今回のお客様邸は屋根材にコロニアルを使用しており、このコロニアルは瓦に比べると吸水性が高い為、下塗りには注意が必要です。
 
下塗りに使用するのは下地材のシーラーと呼ばれる塗料です。
 
このシーラーは屋根材と塗料とをしっかりと密着させるための接着剤の役割を果たします。
 
このシーラーに塗りムラや塗り忘れが出来てしまうと、しっかりと密着する事ができず、塗装の仕上がりは勿論、塗装の耐久性にも影響が出てしまい劣化を早めてしまいます。
 
屋根の反射で塗り忘れなどはしにくくなってはいるのですが、常に注意を払いながら作業を行いました。
 
今回の作業で屋根全体の下塗りが完了しました。
 
このシーラーがきちんと乾燥したことを確認してから中塗りを進めていきます。
 
乾燥させる事も大切な作業の一部なのです。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る