現場レポート

神奈川県横須賀市 外壁塗装 下地処理 シーリング工事 コーキング工事 オートインクシード

2020.2.12

神奈川県横須賀市 外壁塗装 下地処理 シーリング工事 コーキング工事 オートインクシード

神奈川県横須賀市 外壁塗装のご報告、第三弾です。

 

 

外壁塗装の全体の流れはこちらのページ(塗装工事の流れ)にてご紹介しています。

 

前回の現場レポートでは養生までについてお伝えしました。

次は劣化補修を行います。

 

まず、外壁のボードとボードの隙間のシーリングの工事を行います。

シーリングは亀裂が起こりやすい部分で、

劣化が進むと雨水等が内部に侵入し、建物の構造体を腐らせる恐れがあります。

 

神奈川県横須賀市 外壁塗装 下地処理 シーリング工事 コーキング工事 オートインクシード

 

まずは亀裂が入ってしまっていたり、破断している古いシーリング材を撤去します。

 

次に、作業部分以外にシーリング材がはみ出てしまわない様にマスキングし、

シーリング材の密着性を高めるプライマーを刷毛で塗布します。

 

目地に新しいシーリング材を充填していきます。

今回のお宅ではオートインクシードを使用しました。

これまでのコーキングの耐久性は3年から5年程度と言われていましたが、

オートインクシードは20から30年程という優れものです。

 

内部に空洞ができてシーリング材が剥がれないよう、

しっかり均し、マスキングテープを剥がしてシーリング工事は完了です。

 

 

今回はシーリング(コーキング)工事までお伝えしました。

まだまだ塗装前です。

次回も下地処理のひび割れ補修からお伝えします。

 

−N−

 

横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、横浜市(金沢区、磯子区、栄区他) 藤沢市、茅ヶ崎市、高座郡寒川町で、塗装工事、屋根工事のことなら、大和工業へお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る