現場レポート

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 下地処理 ケレン作業 目荒らし

2020.9.8

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 下地処理 ケレン作業 目荒らし

神奈川県三浦郡葉山町にて、外壁塗装のご報告の続きです!

 

今回は、下地処理のケレン作業の様子についてお伝えします。

「塗装前の下地処理」については、こちらのページです。

 

ケレン作業は、主に鉄部に行う工程で、電動工具や手工具を使い、

サビや旧塗膜などを落とし、ヤスリで擦って下地と塗料の密着性を高める作業です。

 

鉄部はケレンで下地を綺麗にしてからサビ止めを塗布し、

中塗り→上塗りで仕上げますが、

ケレン作業が雑だったり手を抜くと、塗装後2、3年ほどで新しい塗膜が剥がれてしまいます。

 

ケレン作業は1種、2種、3種、4種と下地の状態に応じて行います。

数字が少ないほど大掛かりな工事で、1種は一般住宅では行いません。

 

今回施工させていただいたお宅は、それほど状態が悪くなかったので、

手工具のみで行う4種ケレンです。

紙やすりを使ってサビや古い塗膜、汚れなどを落としていきました。

 

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 下地処理 ケレン作業 目荒らし

 

また、塗料との密着性を高める目荒らしも行いました。

目荒らしは目粗し、足付けとも呼ばれている作業で、

塗装をする場所の表面にわざと細かな傷をつけて凸凹にし、

下地に塗料が付着しやすくし、塗膜が長持ちします。

「下地調整時に行う、ケレン作業の重要性と役割とは」については、こちらのページです。

 

−N−

 

横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、横浜市(金沢区、磯子区、栄区他) 藤沢市、茅ヶ崎市、高座郡寒川町で、塗装工事、屋根工事のことなら、大和工業へお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る