現場レポート

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 シーリング打ち替え工事 打ち替え工事と増し打ち工事の違い

2021.1.26

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 シーリング打ち替え工事 打ち替え工事と増し打ち工事の違い (1)

神奈川県三浦郡葉山町にて、外壁塗装のご依頼をいただきました!

 

外壁材は現在、主流の窯業系サイディングボードです。

セメントや、繊維質などが原料の外壁材です。

製造する過程で、窯の中で高熱処理される事から、窯業系と呼ばれています。

こちらの「ご自宅の壁はどんな素材ですか?」で、外壁材についてご紹介しています。

 

このサイディングボードの継ぎ目にはシーリングが施してあります。

早いものだと3~5年程で劣化し、硬くなってしまいます。

本来はブニブニとした弾力のある素材で、雨水が入らないように防水の役割や、

地震などの揺れに対しての緩衝材になってくれているので、

硬くなっている場合はシーリングを打ち直す必要があります。

 

古いシーリングを撤去して新しいシーリングを打ち直す工事をシーリング打ち替え工事、

古いシーリングの上から新しいシーリングを充填するのがシーリング増し打ち工事です。

 

基本的にはシーリング打ち替え工事ですが、

サッシ廻りなど、撤去すると傷が付いて雨漏りを起こす可能性がある場所は

増し打ち工事をする事もあります。

 

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 シーリング打ち替え工事 打ち替え工事と増し打ち工事の違い (2)

 

シーリングを撤去するとバックアップ材が見えます。

シーリングの三面接着を防ぐ為にあります。

柔軟に動けるよう、二面接着でなくてはなりません。

 

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 シーリング打ち替え工事 打ち替え工事と増し打ち工事の違い (3)

神奈川県三浦郡葉山町 外壁塗装 シーリング打ち替え工事 打ち替え工事と増し打ち工事の違い (1)

 

養生し、プライマーを塗布してシーリングを充填したら完了です。

こちらの「下地調整の重要なポイント1 コーキング処理」のページでも、

シーリング工事について詳しくご紹介しています。

 

−N−

 

横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、横浜市(金沢区、磯子区、栄区他) 藤沢市、茅ヶ崎市、高座郡寒川町で、塗装工事、屋根工事のことなら、大和工業へお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る