現場レポート

三浦市 屋根塗装 塗装・タスペーサー Sアパート

2021.7.26

タスペーサー

今回紹介する記事は、前回に引き続き、Sアパートの屋根塗装工事です。

前回は高圧洗浄を消化致しましたので、今回は塗装について紹介致します。

 

塗装の工程は、下塗り→中塗り→上塗りです。

今回仕上げ(上塗り)には「ケンエースG₋Ⅱ」を使用致しました。

上塗り

防カビ・ヤニ止め・シミ止めの効果が強力なのが特徴です。

また耐水性、耐アルカリ性にも優れています。

 

塗装の際には、屋根材同士の間にタスペーサーという道具を挟み込みます。

タスペーサー

これは塗料が屋根材同士の隙間を埋めないようにする、縁切りという作業で使用する道具です。

屋根裏や屋根材の下には空洞があり、水分が溜まりやすい構造をしています。

先に述べた、屋根材同士の間に隙間がない状態では水分の逃げ道がなくなってしまいます。

そのためあえて、塗装前にはタスペーサーを差し込み、塗装を終えたら外すことで隙間を作りだすことができます。

 

今回の紹介は以上です。

今回は屋根の塗装とタスペーサーの紹介を致しました。

縁切りという作業は、以前は手作業で切り離していて時間のかかる作業でした。

塗装工事の工程は全て外すことのできない重要な工程で、時間のかかるものです。

工事に時間がかかりますので、ご理解いただけますようお願い致します。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る