現場レポート

横須賀市 屋根・外壁塗装工事 外壁下塗り S様邸

2021.10.9

下塗り

今回紹介するのは、先日から施工しております

横須賀市のS様邸より、屋根・外壁塗装工事についてご紹介させていただきます。

 

今回の下塗りを行う前に、下地処理を済ませています。

下地処理では、「コーキング」の補修を行って、そのあと高圧洗浄を行っています。

コーキングの劣化は、雨漏りなどが発生する可能性がありますので放置せず、

塗装工事を行う際には一緒に補修するのをオススメします。

また、塗装面に汚れが付着していると塗料の吸着の妨げになりますので、注意が必要です。

「塗装前の下地処理」

 

塗装工事では、最低三回の塗装を行います。

今回行う下塗りは塗装工程の中でも最も重要な工程です。

下塗り

下塗りは耐用年数に直結しています。

下塗り材は、下地と仕上げ材を接着する役割を持っています。

下塗りを塗ることで、どのような下地にも塗料が吸着できるようになります。

そのため、下地の出来が悪いと、どれほど高性能な仕上げ材で塗装を行っても、すぐに剥がれが起きてしまいます。

塗料が最大限の力を発揮するために下塗りは重要なのです。

「外壁塗装」

 

今回紹介するのは以上です。

“N”

 

横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、三浦郡葉山町、横浜市(金沢区、磯子区、栄区他) 藤沢市、茅ヶ崎市、高座郡寒川町で、塗装工事、屋根工事のことなら、大和工業へお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る