施工事例

大和工業で施工させて頂いた物件をご紹介いたします。
それぞれの施工実績により詳しい作業内容や写真がありますので、ぜひご参考にされてみてください。

  • 神奈川県逗子市 外壁塗装 付帯部塗装 コーキング工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    新築を購入し13年経過しているというK様邸。
    サイディングの外壁がとても気に入っているとのことで、透明なクリヤー塗装をご提案しました。
    外壁には、クラックと呼ばれる細かなひび割れが見られ、コーキング材は経年による劣化が目立ち、隙間が空いてしまっている状態でした。
    まずは安全に作業ができるように足場を設置しました。
    安全性と作業性に優れたクサビ式足場になります。
    その後、バイオ洗浄剤を使い、高圧洗浄で、外壁全体に付着したコケやカビなどの汚れを分解し、建物を綺麗にしました。
    高圧洗浄を終えた後、窓やベランダ床などに塗料が飛んだり垂れたりしないように、しっかりと養生を行いました。
    今回使用した塗料はスーパームキコートクリヤーです。
    サイディングの保護に最適なクリヤー塗料で、弱溶剤+水性タイプでにおいが柔らかく、環境にやさしい塗料になります。
    無機なので燃えにくく、難燃性にも優れています。
    今回はクリヤー塗装のため、コーキング工事の前に塗装を行いました。
    クリヤー仕上げは不具合部分も露出した仕上りとなるので、目立つ部分は事前に補修します。
    補修工事を終えると、下塗剤を使用した下塗りと、スーパームキコートクリヤーを使用した上塗りの2回塗りで仕上げました。
    上塗り後、最初の方は全体的に乳白色に見えますが、乾燥すると透明になっていきます。
    軒天や、破風板・鼻隠し、雨樋に化粧幕板などの附帯塗装もしっかり行いました。
    塗装完了後、コーキング工事を行いました。
    まずは既存のシール材を外し、コーキングが2面接着になるように、底面にボンドブレーカーというテープを貼りました。
    シール材を充填させ、バッカーでならし、マスキングテープを剥がして完了しました。
    そして、足場を解体し、全施工が完了しました。
    サイディングボードの柄を生かした、光沢感が特徴のクリヤー塗装の仕上がりです。

    施工内容外壁塗装 付帯部塗装 コーキング工事
    使用材料スーパームキコートクリヤー
    工事日数10日間
  • 神奈川県葉山町 外壁塗装 屋根塗装 付帯部塗装 コーキング工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    築後11年、D様邸の外壁、屋根塗装工事の施工事例をご紹介します。

    外壁はモルタルで、日本の気候や風土にあった仕上げ材であるリシンを吹き付けてある状態でした。

    リシンは艶のない落ち着いた仕上げで、調湿性や透湿性に優れていますが、割れやすさや、耐候性の低さ、汚れやすさなどが弱点で、塗り替え時には、リシンの機能性を生かすか、弱点を補う有機系仕上げにするかが、ひび割れの発生状況により、判断が分かれて行きます。

    今回ご依頼を受けたD様邸は表層のひび割れのみでしたので、使用する塗料は、調湿性や透湿性に優れ艶消し仕上がりとなるガイナでご提案しました。

    化粧スレートの屋根は、塗り替え適齢期を迎えており、強度に問題がある可能性が高くなっていました。

    屋根材に関しても、大きな不具合は無かったので同じくガイナ塗装での提案となりました。

    屋根、外壁共にガイナでのご依頼となりましたが、ガイナの特徴としては、艶消しであること、比較的薄いカラーしか選べない2点があります。

    そのような状況を、D様にご理解いただき、カラーシミュレーションを利用してカラープランを作成、その後、足場を設置し、工事開始となります。

    外壁、屋根と全体を高圧洗浄し、汚れやカビを除去しました。

    洗浄を終え、まずは屋根塗装工事から入りました。

    下地調整能力に優れたフィラーを塗り、公的に評価の高いガイナのN-50で2回塗りをしました。

    屋根塗装工事を終え、外壁工事に入りました。

    ひび割れの部分にはコーキング工事を施し、同じく外壁の下塗りにも、フィラーを塗布しました。

    上塗りも屋根と同様にガイナを2回塗り重ねて完成となります。

    破風板はプライマーを塗り、密着性を上げてからトップコートを2回塗りました。

    土台水切りに関しては、一度錆止めを入れてからトップコートを2回塗りました。

    以上で今回の全施工が完了となりました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 付帯部塗装 コーキング工事
    使用材料ガイナ
    工事日数17日間
  • 神奈川県鎌倉市 外壁塗装 タイル貼り付け 屋根塗装 板金工事 シーリング 雪止め取付 雨樋工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    M様邸の施工事例のご紹介になります。

    今回は外壁、屋根塗装工事に加え、1階部分正面にタイル貼り付けのご要望を頂きました。

    まずは外壁塗装、タイル貼り付けの工程からご紹介していきたいと思います。

    まずは下地清掃として高圧水洗機を使用し、下地塗膜のチョーキングや塵埃等を除去していきます。

    外壁の洗浄を終えると、次に外壁に新たにタイルを貼り付ける為、下地調整材を使用し、下地処理を行いました。

    セメント系下地調整材を塗ることにより、下地を平滑にする事ができます。

    今回、35袋の下地調整材を使用しました。

    下地の乾燥を十分に行い、接着剤を使用し、一枚一枚手作業で丁寧に貼り付けて行きました。

    貼り付け時、空気を巻き混むと、シワになってしまうため、細心の注意をはらい、外壁のデザイン性を考えながらしっかりと押さえつけて貼りつけました。

    隅の部分や角など、細かい場所に合わせ、長さや幅などの調整を行いました。

    切断面は、加工面が目立たないようにグラインダーで斜めに削ぎ取って加工しました。

    細かな切り物を制作しつつの作業になりました。

    タイル貼り付け工事を終え、破風板と雨樋の塗装も行い、2階部分や1階部分正面以外の外壁をファインパーフェクトトップで塗り替えました。

    タイル以外の外壁をクリーム系のお色で統一したことにより、ツートンカラーがおしゃれな、外観に仕上がりました。

    タイル貼り付け、外壁塗装を終え、屋根塗装工事にはいりました。

    棟板金が破損してしまったとの事で、新しく交換する必要がありました。

    既存の棟板金と下地材の貫板を解体・撤去し、下地材の貫板を屋根に固定し、新しい棟板金を設置しました。

    棟板金を固定する際には従来の釘ではなくビスで固定しました。

    錆にも強く、抜けにくいため、従来より強く強固な棟板金になります。

    継目にはシーリング材が打設されていましたが、既存のものは劣化し、ひび割れ等が発生していましたので、こちらは打ち替えを行いました。

    雨水の浸入を防ぎ、耐久性の保持に繋がります。

    板金工事、その他補修工事を終え、高圧洗浄で旧塗膜や苔などを落とし、使用する塗料の密着性を高めていきます。

    雪止めを取付け、外壁同様にファインパーフェクトベストを使用し、塗装を行いました。

    優れた耐候性、防藻・防カビ性能を備え、美観の維持も期待できる塗料となっています。

    下塗り塗料は専用のファイン浸透シーラーを使用しました。

    中塗り、上塗りはローラーで丁寧に塗装しました。

    屋根塗装工事が完了し、最後に雨樋工事を終え、全ての施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 タイル貼り付け 屋根塗装 板金工事 シーリング 雪止め取付 雨樋工事
    使用材料ファインパーフェクトトップ
    工事日数17日間
  • 神奈川県横須賀市 屋根塗装 シーリング工事 板金交換

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    S様邸の施工事例をご紹介します。

    屋根の状況は地震では確認できないため気になっていた所、当ホームページを見てご連絡をくれたS様。

    診断の結果を見て、屋根塗装工事をご決断されたとの事でした。

    屋根の劣化状況から、施主様のご予算に合わせたご提案をさせて頂きました。

    屋根は劣化による変色、紫外線により劣化した塗膜の顔料が析出している状況でした。

    防水性能は低下し、含水率が上昇した為、湿気を好む苔や藻の繁殖も目立ってきていました。

    また、ストレートの屋根材には数カ所ひび割れも発生していましたので、シーリング材で補修しました。

    シーリング材はこうした補修などの他、新築でも、リフォームでも、さまざまな場面で活躍しています。

    シーリング材を棟板金の繋ぎ目に塗布したり、充填したりして、その内部へ雨水が入らないようにします。

    ひび割れの補修工事が完了し、屋根全体の汚れ、苔や藻を高圧洗浄で除去しました。

    洗浄後、タスペーサー(縁切り材)を挿入し、まずは下塗りから行いました。

    今回使用した塗料はファインパーフェクトベストです。

    独自技術によりシリコングレード(当社一般従来品比)を超える優れた耐候性を備え、 塗りたての美しさを長期間保つことができます。

    加えて、藻やかびの発生を抑制し、建物の美観を維持します。

    ローラーを使い、中塗りを行い、上塗りで仕上げました。

    板金は、ガルバリウム鋼板を使用しました。

    長期間の状態維持が期待できます。

    板金を交換したことにより、収まりが良くなりました。

    屋根の艶が出て美観が再生し新築の状態に近い仕上がりとなりました。

    施工内容屋根塗装 シーリング工事 板金交換
    使用材料ファインパーフェクトベスト
    工事日数10日間
  • 神奈川県三浦市 外壁塗装 屋根塗装 シーリング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    F様邸の施工事例になります。

    F様邸のモルタル外壁には剥がれやひび割れが数カ所見受けられましたので、まずはそちらの補修を行いました。

    下地モルタルにプライマーを塗布し、シール剤を欠損部分とコーナー部分にしっかり打ち込み、均します。

    補修箇所が目立たないよう、既存外壁の模様にしっかりと合わせました。

    万能ガンを使い、同一の模様になるように吹き付け、凸部をローラーで潰し平らにし、仕上げて行きます。

    補修工事が完了し、続いて外壁塗装に入りました。

    まずは、下塗り作業からです。

    ひび割れ追従機能や、中性化防止機能も兼ね備えるパーフェクトフィラーを、今回は下塗り材としてムラなく塗布しました。

    下塗り材がしっかりと乾いた事を確認し、上塗り作業へと入って行きます。

    今回使用した塗料はパーフェクトトップです。

    上塗り1回目、塗布量を守り、ムラなく塗布していきました。

    2回目も1回目以上に塗りムラが無ように満遍なく、しっかりと塗り、外壁の塗装が完了しました。

    外壁塗装が終わると、屋根塗装に入ります。

    まずは、屋根板金部の下塗り作業から始めます。

    雪止めなど、金属製の板金部には、シーラーではなくサビ止めを塗布しました。

    続いて、棟包みの既存の劣化したシール材を除去し、新たなシール材を充填し、隙間が無いように平らに均しました。

    釘頭にも防水シールを打ちこみます。

    一見細かい作業ですが、こう言った作業が、今後建物を少しでも長持ちさせる秘訣となります。

    屋根補修が終わり、塗装に入りますが、まずは外壁同様に下塗りを行いました。

    屋根の下塗りに関しては、塗料の吸い込みが激しい場合、もう一度塗り重ね、塗布後に濡れ感が出るまで塗布して行きます。

    屋根塗装の上塗り材は今回ファインパーフェクトベストを使用しました。

    塗布量を守り、塗り残しが無いようしっかりと塗布しました。

    2度目も1回目同様、塗布量を守りムラの無いように塗りこみました。

    最後に付帯部塗装を完了させ、今回の全施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 モルタル補修 シーリング工事 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ パーフェクトベスト
    工事日数17日間
  • 神奈川県逗子市 外壁塗装 シーリング工事 ひび割れ補修 屋根板金補修 防水工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    モルタル外壁(セメント・砂・水を練って作るモルタルでできた外壁)のI様邸の施工事例です。

    モルタル外壁は経年により、表面を覆う塗膜が劣化すると、模様のくぼみに汚れがたまってしまいます。

    このような症状がみられた場合、外壁塗装をするタイミングとなります。

    足場設置を終え、早速外壁の洗浄作業へと入ります。

    高圧洗浄機を使用することから、この作業は高圧洗浄と呼ばれています。

    高圧洗浄をする事により、モルタル外壁の模様のくぼみにたまっていた汚れも、きれいに洗い流すことできます。

    塗装前に外壁のコンディションを整えること、これこそが高品質な外壁塗装をするために重要な作業となります。

    洗浄作業を終え、窓ガラスやインターホンなど、塗装をしない部分をビニールシートで養生します。

    窓枠の下など、軽微なクラックが見受けられました。

    このまま放っておくと、後に大掛かりな補修になってしまうので、今のうちに補修を行うようにご提案させていただきました。

    まずは、クラックの中に補修剤を打ち込むため、カッターを使用しV字に口を広げ、広さと深さを確保し、接着剤の役目となるプライマーを塗布していきます。

    その後、プライマーがしっかりと乾燥したのを確認した後、シーリング材をしっかりと奥まで打ち込んでいきます。

    シーリング材を充填したらヘラで均し表面を平滑に仕上げます。

    ひび割れ補修工事が完了したら、外壁を塗装する工程へと移ります。

    下塗り専用の塗料フィラーで、モルタル外壁の微細なひび割れを埋めて、表面を平らにならし、汚れが付きにくく、柔軟性を兼ね備えたダイヤスーパーセランフレックスで、上塗りを行って行きます。

    外壁塗装工事が完了し、屋根の板金を補修し、防水工事も行いました。 

    付帯部塗装も丁寧に仕上げ、最後の点検を終え、今回の前施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 シーリング工事 ひび割れ補修 屋根板金補修 防水工事 付帯部塗装
    使用材料スーパーセランフレックス
    工事日数17日間
  • 神奈川県葉山町 外壁塗装 棟板金工事 雨樋修理 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    T様より、外壁リフォームの施工事例になります。

    数年前に一度他社で見積もりをとったところ、高額なため、一度見送ったとのことで、今回想定されていた、ご予算に合わせてのお見積もり、ご提案をさせていただきました。

    外壁はモルタルが採用されており、経年での汚れや、色褪せ、軽微なクラックが確認されたので、外壁塗装前にまずはクラック補修を行いました。

    細かい補修は必要な状態でしたが、大掛かりな補修は必要とせず塗装メンテナンスを実施できる状態でした。

    足場を組み、高圧洗浄と外壁補修を終え、外壁の塗装へと入っていきます。

    今回上塗りはファインパーフェクトトップで塗装しました。

    次に屋根の塗装工事に入っていきますが、棟板金の下地木材が腐食していましたので、塗装の前に下地木材と棟板金の交換工事を行います。

    このままにしておくと、台風などの強風時に棟板金が飛んでいってしまう恐れがあるためです。

    屋根は、汚れが付着し劣化が進んでいる状態でしたが、外壁同様に丁寧に塗装メンテナンス自体は可能な状態でしたので、洗浄と下地処理をしっかり行った後、サーモアイSiで屋根塗装を行いました。

    木製の破風板は今回ご要望により、塗装対応をさせていただきました。

    ケレン作業で劣化した塗膜をしっかり除去し、下地処理を行ってから塗装を行いました。

    最後に、雨樋修理作業を完了し、今回の前施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 棟板金工事 雨樋修理 付帯部塗装
    使用材料ファインパーフェクトトップ サーモアイSi
    工事日数14日間
  • 神奈川県鎌倉市 外壁塗装 笠木板金 雨樋工事 防水工事 シーリング

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    U様邸の外装リフォームをご依頼いただきました。

    足場を設置し、まず初めに高圧洗浄から始めます。

    こびりついた埃やコケを水圧で除去します。

    洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去しました。

    この高圧洗浄を行わず上から塗装を行ってしまうと、数年で剥がれてしまうのは必然です。

    幕板からの水を吸水して弱っている箇所を 除去して素地強化を行う造膜シーラーをたっぷり塗布するなど、細かい劣化箇所の補修も行いました。

    サッシ廻りのシーリングも劣化し隙間やひび割れが発生していましたので、既存のシーリング材を撤去し、新しいシーリング材を充填していきます。

    サッシ廻りはサッシに養生を施してからシーリングを充填しました。

    補修工事を終えると、アンダーフィラー弾性エクセルで下塗りを行いました。

    シーラー+下地調整の機能がありますので、キメの細かい下地を作り、上塗りの特性を生かせます。

    下塗り作業を完了し、上塗りをファインパーフェクトトップで行いました。

    こちらは塗料工業のパイオニアとして知られる日本ペイントの新技術ラジカル制御技術を用いた塗料です。

    ラジカルが塗膜に触れるのを抑えることで紫外線による外壁の塗膜劣化を防ぎ、塗装の寿命を延ばしてくれます。

    有機溶剤の含有が少ない水性塗料ですので、環境にも優しい塗料です。

    上塗り2度目もムラの無いように丁寧に仕上げ、外壁塗装の完成です。

    塗装工事終了直前にタッチアップという補修塗りも行います。

    強風によって捲れてしまっていた笠木の復旧工事(笠木が捲れてしまうと下地がむき出しになり雨漏りにも繋がります。)、その他、雨樋工事 防水工事を終え、今回の全ての施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 笠木板金 雨樋工事 防水工事 シーリング
    使用材料ファインパーフェクトトップ
    工事日数17日間
  • 神奈川県横須賀市 サイディング張り替え工事 外壁塗装 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    以前、施工のご依頼を頂いたお客様より、外壁メンテナンスのご依頼を承りました。

    前回の施工から既に10年以上経過していました。

    今回は必要となる補修を行い、塗装メンテナンスで美観性を高めていきます。

    塗装を行う際には築年数を考慮し、どのような補修が必要で、どのような塗料が最適なのかを見極めていく必要があります。

    窯業系サイディングは主原料がセメントの為、塗膜が劣化すると雨水を吸い込み傷んでしまいます。

    こちらは既に表面が剥がれ、苔まで発生していました。苔の繁殖は対応しない限り改善はしません。

    高圧洗浄を行えば根絶ちが出来ますが、外壁材の劣化が酷いと、状態を悪化させてしまいます。今回は、手摺部分の窯業系サイディングの張り替え工事をご提案させて頂きました。

    まずは印象を大きく変える仕上がりを決めていきたいと思います。

    弊社で作成させて頂いたカラーシュミレーションを見比べて、どのような色にしたいかを決めていきます。

    続いて足場を組み、飛散防止用メッシュシートで囲います。

    20日程度は日差しも風通しも悪くなってしまいますので、住人様にはあらかじめご了承いただきます。

    そして、塗装の第一工程である高圧洗浄を行います。

    高い水圧を当てることで、旧塗膜・汚れ・苔の根絶ちを行い、塗膜を密着させることが出来ます。

    塗装を行わない場所の汚れも落とすだけで、雰囲気が、かなり明るくなります。

    外壁には部分補修を行ってから塗装をします。

    まずは洗浄で剥がしきれなかった旧塗膜を剥がしていきます。

    無理に剥がさず、既に剥がれてしまう恐れのある塗膜を取り除いていきます。

    下地が傷み凸凹としている箇所には、パテ埋めを行い平坦に整えていきます。

    サッシ・ドア周りのシーリング工事も行いました。

    高耐久のオートンイクシードで増し打ちを行い、プライマーで密着性を高めてから、シーリングを打設していきます。

    下地補修後、充分に乾燥・硬化したことを確認してから、外壁塗装を進めていきます。

    今回外壁に使用した塗料は下塗りにパーフェクトプライマー、上塗りにはサイディングの美しさを維持する、UVプロテクトクリヤーを使用しました。

    仕上がり艶は、10分・7分・5分・3分艶で調整することが出来ます。

    塗りたての印象を抑えたい場合は3分艶を選びます。

    雨戸も金属屋根と塗装方法は変わりません。

    塗装前にペーパー掛けで目粗しを行い、ニッペファインパーフェクトトップ ブロンド塗装しました。

    屋根や外壁と比べると重要視されていない付帯部ですが、構造を守ったり、住宅の意匠性を目的にあります。

    そのため破損してしまうと、お住まいの寿命にも関わってきます。

    付帯部も素材を塗膜で保護している為、この機会にしっかりと塗り替えていきます。

    腐食したサイディングは張替を行います。

    既存のサイディングを剥がし、下地を整えてから新たなサイディングを貼っていきます。

    新たなサイディングを貼り、塗装を行いました。

    以上で、今回の外装補修リフォームが終わりました。

    施工内容サイディング張り替え工事 外壁塗装 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ UVプロテクトクリヤー パーフェクトプライマー
    工事日数17日間
  • 神奈川県三浦市 外壁塗装 屋根塗装 屋根履き替え工事 クラック補修

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    I様より、外壁塗装、屋根張り替え工事のご依頼をいただきました。

    外壁は比較的良い状態でしたが、屋根は経年による劣化、汚れが激しく所々で屋根材の欠けや割れが見られました。

    今回瓦屋根からストレートに張り替えたいとのご要望でしたので、しっかりと実施していきたいと思います。

    既存の屋根は重い瓦で今後、落下などしてしまうと怖いとのご意見でしたので、今流行りの軽量な屋根材をご提案させていただきました。

    メーカー長期保証などございますので、工事後も安心して頂けます。

    仮設足場を設置し、屋根葺き替え工事の開始となります。既存のセメント瓦を全て綺麗に撤去することで始まります。

    瓦を剝がしていく、内部の葺き土や鳥の巣なども取り除きます。

    土は滑りますので落下させぬよう作業を進めていきます。

    不要な屋根材を撤去が完了すると野地板張り、防水紙の取り付け(天候を見ながら屋根葺き替え工事を進めていきますが、万が一の急な雨でもこの状態であれば雨水をシャットアウトできる状態になります)、を行い、瓦屋根からストレート屋根の履き替え工事が完了しました。

    屋根塗装にはパーフェクトプライマー、ダークグレーの色を使いました。

    屋根履き替え工事を終え、外壁の高圧洗浄、所々にヘアークラック(細かいひび割れ)が発生していたのでしれらをしっかりと補修し、実際に塗装に入っていきます。

    お客様のご要望により下塗り、中塗り後の上塗りは、パーフェクトトップの75-40Lで行いました。

    最後にファインパーフェクトトップ (ND-155、オークブラウン)を使い、付帯部の塗装も完了させ、全ての施工が完了しました。

    経年による、古びた印象からガラッと変わりました。

    この度は、誠にありがとうございました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 屋根履き替え工事 クラック補修
    使用材料パーフェクトトップ ファインパーフェクトトップ  パーフェクトプライマー
    工事日数17日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る