現場レポート

逗子市にて屋根補修作業!

2019.7.25

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は逗子市内のお客様邸にて外壁、屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回の屋根洗浄が完了しており、引き続いて、下塗りを行なおうと思います。
 
我々は作業をするにあたり、屋根の状態を念入りに確認しながら作業する事を心がけています。
 
そんな中今回はコロニアルにクラックを見つけました。
 
ここでは、クラック=ひび割れと思ってください。
 
コロニアルの経年劣化においてクラックはよく見られます。
 
表面だけにクラックが起きる場合もあるのですが、そのまま放置してしまうと、いずれは完全に割れてしまいます。
 
割れた部分が、雨漏りの直接の原因になります。
 
その為、クラックを確認できた段階ですぐに何かしらの対策を行います。
 
我々は対策としてクラックを補修します。
補修剤として使用するのは、変性シリコンコーキング剤。
 
一般的なコーキングと見た目は同じなのですが、塗装をする際に大きな違いを実感します。
 
それは、コーキングの上から塗装を塗ることができるということです。
 
仮に変性ではないコーキングを使用する場合は塗装後に近い色のコーキングで補修を行わなければなりません。
 
下塗りを進めつつ、補修も完了出来ました。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る